とちぎイベント駅[ステーション]は、栃木県内のイベント情報発信サイトです。

第4回西方音楽祭 古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサート <詳細>

イベントID:616 / 登録者ID:61
情報登録日時:2019-03-04 08:19:57.906842
ポスター&チラシ画像第4回西方音楽祭  古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサート
イベント内容4月20日(土)14:30~国際古楽コンクール<山梨>入賞記念コンサート
(西方音楽館友の会第61回コンサート)
(お詫び、当初ご出演を予定していたチェロの島根朋史さんは、ご出演出来なくなりました)    

元栃木[蔵の街]音楽祭実行委員会所有チェンバロ(横田誠三作)を活かすことを主軸に、イタリア:スカルラッティ、ドイツ:バッハ父子といったバロック後期から終焉の作品を、チェンバロでお聴きいただきます。横田誠三製作、フレミッシュ一段も、使用します。
演奏者
チェンバロ:河本祥太朗(こうもとしょうたろう)
辛川太一(からかわたいち)


河本祥太朗
D. スカルラッティ:チェンバロ・ソナタ K 132, 133, 208, 58
W.F.バッハ:ファンタジー  F 21

辛川太一
J.S.バッハ:半音階的ファンタジーとフーガ BWV 903
C.P.E.バッハ:ヴュルテンベルク・ソナタ 1番 Wq 49/1



河本 祥太朗 (こうもと しょうたろう):チェンバロ
兵庫県西宮市出身。高校在学時に古楽に興味を持ち、チェンバロを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科(ピアノ専攻)を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)4年に在籍。これまでにピアノを崎谷明弘、崎谷千恵、荒木美佳の各氏に、チェンバロ、通奏低音を下西美都、広澤麻美、大塚直哉の各氏に師事。またシェティル・ハウグサン、ヴィオレーヌ・コシャール各氏のレッスン、マスタークラスを受講。大学の推薦により平成30年度公益財団法人青山音楽財団奨学生。
第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位入賞、アンサンブル部門でLa Musica Collana メンバーとして審査員奨励賞受賞。

辛川 太一 (からかわ たいち):チェンバロ
兵庫県明石市出身。6歳よりピアノを始め、9歳でチェンバロに出会う。東京藝術大学音楽学部器楽科(チェンバロ専攻)卒業。アカンサス音楽賞、三菱地所賞および安宅賞を受賞。現在同大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。ピアノを島敏子氏に、チェンバロ、通奏低音を大塚直哉氏に、オルガンを廣江理枝氏に、室内楽を鈴木秀美、野々下由香里、福澤宏、若松夏美の各氏に師事。アリーン・ジルベライシュ氏、クリスティーネ・ショルンスハイム氏等のマスタークラスを受講。2018年ブルージュ国際古楽コンクール・セミファイナリスト。スタジオピオティータ・レジデントアーティスト。古楽オーケストラ La Musica Collanaメンバー。東京藝術大学バッハカンタータクラブ副演奏委員長。日本チェンバロ協会会員。第31回国際古楽コンクール〈山梨〉ソロ部門(鍵盤楽器)第3位。

開催場所西方音楽館
開催日2019-04-20
主催西方音楽館友の会
後援栃木市教育委員会、とちぎ朝日、下野新聞社、栃木よみうり、栃木南部よみうり、東京新聞、毎日新聞宇都宮支局、公益社団法人企業メセナ協議会
開場/開演14:00 / 14:30
主な出演者河本 祥太朗:チェンバロ 辛川太一:チェンバロ
入場料金<有料>
西方音楽祭 4つのメインコンサートチケットに関しましては、
前売り3,500円 (2枚以上同時に購入する方は1枚3,000円) 当日4,000円 
学生(25歳まで)1,800円
入場チケット販売期間販売中
お問い合わせ西方音楽館 Tel.0282-92-2815 E-mail:info@wmusic.jp Web http://wmusic.jp